植毛に関する口コミを調べてみる|よい業者を選ぶために

2人のメンズ

男性の抜け毛治療とは

医者

皮膚科や内科での治療とは

AGAとは、男性型脱毛症と呼ばれ、男性ホルモンの影響で年齢に関係なく髪が抜けていく病気です。特徴は、前頭部と頭頂部の髪が抜けていくことで、側頭部や後頭部の髪は被害をあまり受けないことです。そのため、自毛移植する場合は側頭部や後頭部の髪を移植します。しかし、移植は病気が重症化して発毛が望めなくなった場合に多く行われ、ほとんどの人は病院で治療することを望みます。AGA治療は、皮膚科や内科で治療できますが、すべての内科や皮膚科の病院で治療を行っているわけではありません。中には、AGA治療を行っていない場合もあるので受診する前には確認が必要です。皮膚科や内科で診察した場合は、最初はプロペシアと呼ばれる内服薬の治療になります。

専門の皮膚科がおすすめ

プロペシアは、男性ホルモンの髪への影響を抑制する薬です。初回の問診の時に血液検査などをして副作用の恐れがなければ、まず1ヶ月分の錠剤が処方されます。そして、再診時に副作用が見られなければ引き続きプロペシアの治療が行われます。皮膚科や内科でのAGAの治療は、実際プロペシアの治療が主で現状維持ができても発毛まで望めるかは疑問があります。美容皮膚科で専門にAGAを扱っている場合は、ミノキシジルという発毛を促進する薬を併用して処方します。また、その病院で独自の育毛治療を開発している場合が多く、効果を上げています。AGAの治療を確実にしたいと考えているなら、それを専門に掲げている病院を選ぶことがポイントです。